ソフト紹介 キャラ紹介 CG紹介


注:当社のソフトは多数のコンピュータで動作の確認をしておりますが、
特殊な環境もありますので下記条件を満たしていても
100%動作を保証する物ではありません。ご了承下さい。
またOSの種類により動作(推奨)スペックは多少変動します。

作品タイトル 南国ドミニオン
ジャンル 無人島脱出SLG
シナリオ 内藤騎之介
原画 綾風柳晶
作中作原画 佐々木珠流/ちんじゃおろおす/G・むにょ/明音
発売日 2005年2月18日
価格 8800円(定価)9240円(税込)
OS Win98/2000/Me/XP 日本語版
CPU 動作 PentiumII 400MHz  推奨 PentiumIII 700MHz
HDD 動作 500MB  推奨 1.1GB
メモリ 動作 64M以上  推奨 128M以上
解像度 800×600以上
カラー 必須 16ビット(約3万色以上)
サウンド 推奨 WAV
DirectX 対応(なくても動作します。DirectX5以上が使用可能であれば使用します)
メディア DVD−ROM 1枚
注:上記はすべて予定です。
注:環境、OSにより必要スペックは多少前後します。

ゲーム紹介

世界観



 十人の男女が様々な場所で事故に遭遇し、漂流して一つの島に辿り着いた。
 そこは危険と謎と不思議の多い無人島だった。
 島での危険を回避する為に十人は島からの脱出を考え、それぞれに行動を開始した。

 それぞれに。

 協力する者も居れば、孤高に動く者。
 自分の能力を頼りに脱出を試みる者や、他者を利用しようとする者。
 中には暴力によって他者を支配しようと考える者や、己の肉体を利用して他者を篭絡しようとする者までいた。(主に主人公)

 しかし、表向きは協力体制。
 ニコニコと一緒に食事をしている。
 時にはビーチバレーだってする。

 そんな人間関係を余所に、脱出を阻むかのように起こる島での災害。

 十人は無事に島を脱出できるのか。
 それとも島に骨を埋めるのか。

 十人の一人である主人公は、知恵を絞り、肉体を鍛え、時には性行為に及びながら他者を圧倒し、島からの脱出を計画する。

システム

・朝と夜にそれぞれ行動を選択、島からの脱出方法を考え、実行していく。

・他の遭難者達との人間関係によって変化する島生活。
 他の遭難者はそれぞれに事情を持ち、それぞれの理念によって行動する。
 協力や騙まし討ち、他の遭難者が準備していた脱出方法を横取りする事も可能。
 皆で島から出るも良し、一人で脱出するも良し。

・巣作りドラゴンと同様に、繰り返しプレイを前提としたゲーム設計。
 スキル制度を導入し、毎回違うプレイスタイルが楽しめる。
 また、繰り返しプレイする事でボーナスを獲得し、一度目では遭遇できなかったイベントに行くことも可能となる。

・島からの脱出方法は複数。
 救助を待つも良し、自力での脱出も良し。
 もちろん、延々と島での生活を楽しむ事も可能。


戻る