呪いの魔剣に闇憑き乙女 アップデートパッチ

2017 4/11
■修正項目 Ver1.02
・イベント用のユニットで倒すことができずモンスター図鑑に登録されなかったユニットを図鑑から削除。
・修行の誤字「ルビィ」を「ルヴィ」に修正。
・一部大型ボスの隙間に移動してしまう不具合を修正。
・ロゼッタルートでゲーム期間を超えてプレイできてしまう不具合を修正。
・魔剣の1回目の修復前に別の方法で修復できてしまう不具合を修正。
・渓谷の橋の修理中に何度も同じメッセージが表示されてしまう不具合を修正。



2017 3/30
■追加修正項目 Ver1.01

・ゲーム序盤等に説明のポップアップ文章を追加。
・ゲーム序盤の夜に出るモヤ付き魔物を排除。
・ゲーム序盤の魔物を弱体化。
・ゲーム序盤の期限の表示をクエスト欄に追加。
・一度目の闇の獣を倒した以降はバットエンド(クレアの失踪)でも引継ぎ可能に修正。
・折れた魔剣を修復するまでのバットエンド条件(クレアの失踪)を緩和。
・クレア、サラ、ロゼッタの各ルート条件を満たした際の表示をクエスト欄に追加。
・ゲーム内のプレイングマニュアルの誤字、画像の不具合を修正。
・鉱石採掘系の依頼で、鉱石の数が正確にカウントされていなかったのを修正。



 ※本アップデートパッチ(Ver 1.02)適応後、旧バージョン(Ver 1.02,以前)の
   セーブデータはそのままお使いいただけます。



 
[注]改造ソフト等を使用したり、セーブデータに不正な改造を行うと
    ゲームが正常に動作しなくなる恐れがあります。
    また、不正な改造を行った事により発生した不具合は、サポート対応外
    になります。


「呪いの魔剣に闇憑き乙女」のアップデートファイルは以下をクリックし
ダウンロードしてください。



呪いの魔剣に闇憑き乙女 Ver1.02について

2017/04/11 23:00までにVer1.02をダウンロードされた方へ

一部古いデータが入っていたため引き継ぎ後「本編から」
を選択していた場合に魔剣の修復が行えなくなっております。

お手数ですが再度ダウンロードしアップデートし直して頂けると正常に動作します。
ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ございません。


パッケージ版パッチファイル
呪いの魔剣に闇憑き乙女 アップデートパッチ Ver1.02



ダウンロード版パッチファイル
呪いの魔剣に闇憑き乙女 アップデートパッチ Ver1.02

※本体を再ダウンロードした場合
パッチを当てる必要はありません。



≪使用方法≫
「呪いの魔剣に闇憑き乙女」が正しくインストールされている事を確認します。
「maken_102.exe」のファイルをダウンロードします。
ダウンロードしたmaken_102.exe」ファイルを右クリックし、
右記メニューを呼び出し「管理者として実行(A)・・・」
選択します。
自動的にファイルが解凍され、
アップデートプログラムが作動いたします。
正常にアップデートされますとタイトルバーとタイトル画面右下に
「Ver1.02」と表示されます。


※一部最新セキュリティーソフトでウィルスとして誤認される可能性があります。
当社にてウィルスチェックを行い、問題はありませんでした。
当コンテンツに問題はないと自負しておりますが、
セキュリティーの解除は自己責任でお願い致します。


トップに戻る